結婚相手が不倫をしているかを調べる

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵にお願いする時、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを事前に話し合います。
1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。調査する人の所属するオフィスにより、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。
離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。
しかし1人で踏み込むという方法を取ると、さらに揉める可能性が高いので、止めておきましょう。
信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。
あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するのがベストだと思います。
探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、現実とフィクションは違うもので、相手に勘付かれずにつけるのは想像以上に難しいはずです。
気付かれてしまえば相手も対策をとるので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、映画やドラマでよく描かれます。
ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもあっていいやり方でしょう。
別れるつもりがあるならば、実行する余地はあるかもしれません。相手に気づかれないで浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要とされる技術および機材があります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気調査を探偵に依頼した場合は、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ